浜松市の歯科医院 歯医者 つぼい歯科医院 浜松駅近く

電話番号

予防歯科

リスク・コントロールが大切

虫歯と歯周病は歯科における2大疾患から大切な歯を守り、お口の健康を通して全身の健康へのお手伝いが予防歯科です。

虫歯、歯周病には、生活習慣や歯質・体質など人によって異なったリスク(虫歯・歯周病へのなりやすさ)があります。ですから、「予防歯科」では、ご自身のリスクを知り、日頃のご家庭での口腔ケアと、お口の健康にとってマイナスとなる悪い生活習慣を改善することが必要です。

もちろん、ご家庭でのケアだけでは全てをカバーすることはできません。歯科医院で定期的な検診を行い、しっかりと「リスク・コントロール」していきましょう。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)
PMTC

歯科衛生士により歯の表面のステイン、バイオフィルムなどを器械を使って除去しています。

PMTCとは、歯科医院で専用機器や専用器具を用いて行う専門的な歯のクリーニングです。予防歯科先進国スウェーデンで生まれました。
通常の歯のクリーニングとは異なり、歯磨きだけでは落としきれない汚れを、クリーニングペーストと専用の機器を使用し、効果的に取り除きます。

虫歯や歯周病の予防効果だけでなく、爽快感バツグンで、きれいな歯を手軽に取り戻すことができます。

バイオフィルムの清掃

PMTCの効果

  • 虫歯予防
    虫歯の原因であるプラーク・バイオフィルムを除去することができる。
  • 歯周病予防
    歯周ポケット内の洗浄により、歯肉の炎症を改善し歯周病を予防。
  • 審美性の向上
    タバコ・コーヒーなどの生活習慣による歯の着色を除去。
    歯面の光沢感、口腔内の爽快感が得られる。
  • 口臭予防
    口臭の原因となる歯周病を予防・改善することで、口臭予防につながる。
定期検診・ブラッシング指導

虫歯と歯周病から歯を守るためには、毎日のお口のケアと定期的な歯科医院での検診が必要です。
当歯科医院では、治療が終わった後もその状態をより長く保つための定期管理を、患者様のご希望やお口の状態によって、毎月、2か月に一度、3か月に一度、半年に一度といった期間でご来院いただいております。通っていただくことで、普段の歯磨き方法が正しいか、間違っているかなど、修正方法をお伝えすることができます。

つぼい歯科医院では、基本的に保険でもしっかりやっていこうという思いから、定期健診も保険で行っています。

効果的なブラッシング方法

バス法
バス法

歯と歯茎の境目に、毛先を45度の角度で当てます。そのまま軽く押し当てながら、左右に振動させましょう。この方法は歯肉マッサージの効果があるので、歯肉の腫れが気になる方にも効果的です。

スクラッピング法
スクラッピング法

歯面に対し歯ブラシを直角に当て、細かく振動させます。
強く押し付けたり大きく動かしてしまうと、毛先がはねてしっかり磨けないばかりか、歯面を傷つける原因になりますので、優しく小刻みに磨きましょう。

スクラッピング法

歯ブラシの毛先をつまようじに見立て、歯と歯茎の隙間に毛先をあて、上の歯の場合は歯ブラシを下に向け、下の歯の場合は上に向けて隙間に毛先の出し入れを数回行います。
隙間の歯垢が取り除けるのと、歯肉のマッサージ効果で、歯周病予防に最適です。

どんな歯ブラシが良いのでしょうか?

毎日使用する歯ブラシですから、できる限りご自分に合ったものを選択しましょう。
つぼい歯科医院では、患者様のお口、歯並びの状態から、最適な歯ブラシをご紹介させていただいております。

おすすめの歯ブラシ

患者様の年齢・口腔内の状態に合わせて選択できるよう、歯ブラシごとに毛の硬さが異なり、さらに植毛のカットまで最適化されている新しいコンセプトの歯ブラシです。

おすすめの歯ブラシ

歯ブラシ、歯間ブラシ、詰替用歯間ブラシ、歯科用ピック、舌クリーナーがセットになった携帯用歯ブラシです。バッグに入れても邪魔にならず、外出先でも納得のいく歯磨きができますよ。

小児の予防歯科

虫歯のない健康な歯とお口を目的とした予防歯科が中心に、お子様がいつまでも健康な歯でいられるよう、お母さん方をトータルにサポートする歯科治療を行っています。

虫歯治療

大人と異なり、子供のお口は歯が生えたり生え変わったりと著しい環境変化があります。そして、子供の歯は柔らかいため、すぐに大きな虫歯になってしまいます。歯が痛くなったら治療の繰り返しでは、歯医者さんは痛いところになってしまいます。これでは歯がボロボロになってしまうし、健康のためにも良くありません。
そのため、お母さんが子供のお口の状況を把握していることは、虫歯から子供の歯を守るためには重要なことです。

シーラント

シーラント

シーラントとは、奥歯の虫歯になりやすい歯の溝にプラスチックを埋め込み、虫歯を予防する方法です。歯を削らずに1回で済みますので、子供の虫歯予防に効果的です。乳歯はもちろん、永久歯にも有効です。
また、シーラント前にレーザーを使用することもあります。レーザー照射をしてからシーラントした方が効果大です

しかし、シーラントをしても安心なわけではありませんので、定期検診を行って予防していくことが大切です。

3DS

虫歯の原因菌であるミュータンス菌とバイオフィルムを直接除去する効果的な治療法です。
お口をクリーニングした後お口の型を採り、ドラックリテーナーというトレーを製作します。その中に薬剤を入れて5分間歯に装着し、薬剤を作用させます。この方法で、1週間ご家庭でホームケアを行います。
1度だけでは効果は低いので、ミュータンス菌を寄せ付けないためにも定期的に行いましょう。

小児のブラッシング方法・仕上げ磨き方法

お子様の虫歯予防には、ご自宅でのケアがとても大切です。お母様には最適な歯磨き方法・仕上げ磨き方法を丁寧にご説明いたします。また、日頃注意したほうが良い生活習慣についてもしっかりご説明いたします。
また、歯ブラシ選びも大切です。お子様の年齢、お口に合った歯ブラシを選び、届きにくい部分をチェックしてしっかり磨けるようにしましょう。

歯磨き方法
歯磨き方法
  • 歯ブラシを歯の表面にしっかり当てて磨きます。
  • 強く磨いてはいけません。軽く当てる程度で大丈夫です。
  • 細かい往復運動で磨きます。大きく動かすと歯を傷つける恐れがあります。
  • 特に、噛み合わせの面、歯と歯の間、歯茎との境目に注意して磨きます。
仕上げ磨き方法
仕上げ磨き方法
  • 子供の頭を膝に乗せるなど、子供のお口の中がよく見える状態で磨きます。
  • 磨きにくいからといって、唇を引っ張らないようにしましょう。
  • できるだけ歯茎に歯ブラシが当たらないようにしましょう。
  • 指に沿って磨いてあげると歯茎に当たりにくいです。

年齢に適した歯みがき方法で虫歯から守りましょう

乳児期 時々、赤ちゃんの舌に白っぽいカスがたまることがあります。
汚れを落とす際、布をお水やぬるま湯で濡らして拭き取ってください。
生後7〜8ヶ月の時期 生後7〜8ヶ月頃になると、赤ちゃんにはかわいい前歯が生えてきます。歯の汚れは、乳児期同様に布やガーゼで拭き取ってください。
生後1年を過ぎた頃 生後1年位から歯ブラシを使っていきましょう。
お母さんが磨いてあげてください。
3歳を過ぎた時期 積極的に自分で磨くようにさせましょう。
もちろん子供はまだまだ磨き方が上手ではありませんので、一緒に磨くのを手伝ってあげましょう。
歯磨き後のチェックもかかせません。
5歳を過ぎた時期 5歳を過ぎたら、「1日3回」朝・昼・晩の食後に歯磨きをさせましょう。
まだ仕上げ磨きのチェックも忘れずに行いましょう。
6歳臼歯が生えてくる時期 この頃になると、強くて大きい6歳臼歯が生えてきます。
この6歳臼歯は食べカスもたまりやすく虫歯になりやすいので、気をつけて磨くようにしましょう。
フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗布して、虫歯になりにくい強い歯質を作ります。
フッ素には、「虫歯に強い歯にする」「再石灰化」「虫歯菌の活動の抑制」などの効果があります。初期虫歯の場合、再石灰化を促進することで虫歯が治ることがあり、フッ素がこの働きを行ってくれます。また、レーザーを併用してフッ素を多くとりこむ方法もあります。

1回のフッ素塗布だけでは完全な予防法とは言えませんので、定期検診時にフッ素塗布をして虫歯予防の効果をあげています。

フッ素剤

天然素材の甘味剤キシリトール配合のフッ素ジェルです。
歯磨きを行った後にピドケアを歯面全体に塗り広げてから、うがいをせずに唾液を吐き出してください。その後、約30分間は、飲食、うがいを控えるとより効果的です。
ストロベリー、ミント、レモン、アップル、マスカットの5種類ご用意しております。

フッ素剤

豊富なミネラルと、そのミネラルを取り込みやすくする口腔環境にする作用を持つリカルデントを含んだフッ素剤です。歯磨き後に歯面全体に行きわたるよう塗りこみます。使用するたびに歯が丈夫になっていきます。

フッ素剤

虫歯予防のためのフッ素洗口剤です。洗口液が歯のすみずみまで染みわたり、歯質を強くします。
当歯科医院では診療後もフッ素の効果を継続できるよう、ご家庭用として処方しています。

フッ素剤

手軽にフッ素を摂りこめるように開発された薬用歯磨き剤です。
レノビーゴはフッ素の再石灰化力でごく初期のむし歯も修復します。

ページTOPへ戻る