浜松市の歯科医院 歯医者 つぼい歯科医院 浜松駅近く

電話番号

入れ歯・義歯

よく噛める入れ歯で快適な人生を

入れ歯には「総入れ歯」「部分入れ歯」、そして「保険の入れ歯」「自費の入れ歯」とがあり、使用できる素材も構造も大きく異なります。

実際のところ、入れ歯に対して良い印象を持っている方は少ないのではないでしょうか?それはお口の状態の診断・診査が確実にできていないまま入れ歯を製作してしまうことが原因です。
つぼい歯科医院では多少時間がかかっても、しっかり噛める入れ歯を目標に治療を行っています。患者様に最適な入れ歯をご提案致します。

「歯を失ったからこそよくわかる。」とよく言われますが、よく噛めて、美味しく食べられるということは最高の喜びです。まずはお気軽にご相談ください。

保険診療による入れ歯

保険の部分入れ歯
保険の入れ歯画像

金属のバネで固定します。

部分入れ歯は周囲の健康な歯に固定する入れ歯です。
保険で作る部分入れ歯は、土台(床)の材料はレジン(プラスチック)で作り、金属のバネで固定する仕様となります。
レジンで製作しなければならないために厚みが出てしまい違和感を感じる方もおりますが、できるだけ精密に型採りを行い密着感が出るよう工夫しております。

健康な歯が1本でも残っていることが条件となりますので、そのバネをかける歯をしっかり治療することが最も大切です。

保険の部分入れ歯の長所 保険の部分入れ歯の短所
  1. 費用が安い。
  2. 土台(床)の金属補強で長持ち。
  3. 手術などの必要がない。
  1. 厚みがあり違和感がある。
  2. 長期的な変色や磨耗がある。
  3. 口を開けると金属のバネが目立つ。
  4. 食感や熱の感覚が鈍い。
保険の総入れ歯
保険の総入れ歯画像

歯茎で入れ歯を支えます。

1本も歯がない方が使用する総入れ歯は、歯茎(顎堤)で支えなければなりません。そのため、しっかり密着し安定感のある入れ歯を作る技術が求められます。

保険の「総入れ歯」は、レジン(プラスチック樹脂)で製作しなければなりませんので、強度を保持するために、どうしても厚みがあり、ぴったり感や食べ物の温度の伝わりやすさ(熱伝導性)に劣ります。
噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりませんので、コストパフォーマンスに優れた入れ歯と言えます。

保険の総入れ歯の長所 保険の総入れ歯の短所
  1. 費用が安い。
  2. 土台(床)の金属補強で長持ち。
  3. 手術などの必要がない。
  1. 厚みがあり違和感がある。
  2. 長期的な変色や磨耗がある。
  3. 食感や熱の感覚が鈍い。
  4. たわみやすく破折しやすい。

金属床義歯

金属床義歯とは、土台(床)の部分に金属を用いて製作した、軽量で薄い快適な入れ歯です。
保険のレジン製の入れ歯は厚みにより強度を出しますが、金属床義歯は金属の土台部分で強度を確保します。
そのため強度を維持しながらも薄く作れる(0.5mm)ので、異物感が少なく、会話も楽になります。さらに食事の熱がしっかり伝わるため、食事の感覚も得ることができます。

また、金属床義歯に使用される金属には種類があり、材質によって金額が異なります。

金属床義歯 比較義歯の画像

自費と保険義歯とを比較。
左側が金属床義歯です。

金属床義歯 比較義歯の画像

断面の拡大図です。
厚さの違いがよくわかります。

金・プラチナ

体に安全な金やプラチナを使用した、見た目にも美しい入れ歯です。
加工しやすい素材なので、しなやかな装着感があり患者様のお口にぴったり合わせることができます。

ステンレスメッシュ
ステンレスメッシュの画像

上顎の口蓋部分にメッシュプレートを用いた入れ歯です。
メッシュプレートにより液体が透過するので、ビールやスープなどの味や熱をお口全体で感じることができます。
食べ物の味を味わいたい方や、唾液の量が減少する病状の方(シェーグレン症候群)などにも非常に有効です。

チタン合金
チタン合金の入れ歯

インプラントをはじめ人工関節など体内に埋め込むことができる体に優しい金属で、コバルトクロム合金の約半分という軽さが特徴です。
軽くて丈夫で金属アレルギーの心配もほとんどない最良の入れ歯ができます。

コバルトクロム合金
コバルトクロム合金の入れ歯画像

入れ歯用として古くから用いられてきた金属で実績と信頼があります。
保険の入れ歯の約1/3の薄さの入れ歯ができ、話しやすさや食事時の熱の伝わりやすさが増します。耐久性にも優れ、快適な状態で長期間使える入れ歯ができます。

スマートデンチャー

審美性を追及した、金属バネ(クラスプ)のない入れ歯です。
入れ歯と気づかれにくく、思い切って笑っていただくことができます。
金属床と併用して製作するのがオススメですが、樹脂のみの製作も可能です。

スマートデンチャーの画像

金属床と併用しています。

スマートデンチャーの画像

クラスプ(金属のバネ)がなく審美性に優れています。

スマートデンチャーの画像

樹脂のみで製作したもの。ピンクの色で歯茎との差が少ないです。

「シラシステム」による入れ歯

シラシステムで製作した入れ歯

シラシステムで製作した入れ歯。

つぼい歯科医院では、他医院と異なる入れ歯製作法である「SHILLA SYSTEM(シラシステム)」を導入しています。患者様の咬み合わせや筋肉の動きまでも考慮して入れ歯を製作するため、ずれる・合わないといった従来の入れ歯に対する不満や悩みが解消されます。

「何度も入れ歯を作ったり調整のために通院するのはうんざり。」
「痛みを感じずにおいしく物を食べたい。」
そんな患者様の切実な思いにお答えします。
ほぼ100%の患者様が良さを実感しているその治療法をご覧ください。

入れ歯を製作した70%の方は不満を感じています

入れ歯を初めて作ろうとしている方はご存知でないかもしれません。
満足のいく入れ歯を手に入れるのがどれほど困難かということを・・・。

事実、入れ歯を調節する「入れ歯安定剤」は年間700万個も販売され、入れ歯を作った方のうち70%は何らかの不具合を感じて困っている、というデータもあるほどです。

入れ歯を作った後、痛みがある・物が噛めない・外れやすいなどの不具合を感じると調整のために通院することになります。その数は数回から数年にわたる場合も・・・。
やがて「この入れ歯(歯医者)はだめだ。」と諦め、別の歯科医院を探すことに。これを2回、3回・・・と繰り返すケースが多く、精神的にも経済的にもそのストレス・負担は大きくなります。

入れ歯が合わない2つの理由

1.口腔内の正確かつ機能的な型採りができていないため

咬み合わせの診査・診断

咬み合わせの診査・診断。

入れ歯を作製するためには型が必要です。多くの歯科医院ではアルジネートと呼ばれる材料かシリコンで歯型を採りますが、これが「ぴったり合わない入れ歯の理由の一つになります。

型採りは術者の技術に全て左右されます。無圧印象できないと、アルジネートで型を採っても実際のサイズより型が大きくなってしまったり、下顎の舌側の型がうまくとれないことがあり、完全には口腔内の形を再現できません。シリコンもまた、型を採る際に圧力がかかりすぎるため変形が起こりやすく、口腔内の状態を正確には再現できないのです。

2.咬み合わせや舌・筋肉の動きに対応できていないため

ティッシュコンディショナー

ティッシュコンディショナー
(粘膜調整剤)

人の口の中は立体的で、物を噛んだ時・舌を動かした時・笑ったり泣いたりした時、歯茎や口の中の筋肉は変形します。また、圧力のかかり方や変形のしかたは人それぞれです。
口腔内の型を1つ採取して入れ歯を作っても、それは一時的な口の形を再現しているに過ぎず、噛み合わせや表情の変化に対応できないため痛みや違和感を感じるのです。

つぼい歯科医院では、このティッシュコンディショナーが入った義歯を1〜2週間装着してもらい、内面を患者様の口腔内に合った形に変化させ最適な型採りを行っています。


SHILLA SYSTEM(シラシステム) 治療例

ぴったり合う入れ歯なら顔の表情も変わります。

シラシステム 治療前

不適合な入れ歯をしている状態。

シラシステム 治療後

適合した入れ歯の状態。

左は不適合な入れ歯をしている状態で、右は適合した入れ歯の状態です。
不適合な入れ歯だと左右の目の大きさが違い、咬み合わせも斜めになっているのが分かります。しかし、適合した入れ歯にすると目の大きさも揃い、咬み合わせも顔の正中に対して垂直です。顔の左右のバランスも考慮して入れ歯が作られているため、「痛くない」「咬みやすい」といった機能的な面だけでなく、顔の左右のバランスまで修正されます。

入れ歯専門サイトを見る
ページTOPへ戻る