浜松市の歯科医院 歯医者 つぼい歯科医院 浜松駅近く

電話番号

虫歯治療

虫歯って何?

虫歯は風邪と同じく細菌(虫歯菌)が原因の感染症です。
最近の調査では、歯を失う原因の約30%は虫歯が原因と言われていますが、虫歯は確実に予防できます。しかし、それでも虫歯になり、歯を削り、歯を失う方が多くいらっしゃいます。

何でも食べられる健康な歯を維持していくために、虫歯のしくみを理解して、お口のケアをしっかり行っていきましょう。

虫歯の進行

どうして虫歯ができるの?

脱灰

虫歯菌はネバネバした水には溶けない物質を出し、バイオフィルムという生息しやすい環境(歯垢)を作ります。虫歯菌はバイオフィルムの中で歯を溶かす酸を放出し、歯の成分であるリン酸とカルシウムを溶かす「脱灰(だっかい)」を行います。

しかし、ただ溶かされていくわけではありません。歯は唾液の働きで「再石灰化」され少しずつ修復されているのです。お口の中ではこの脱灰(破壊)と再石灰化(再生)が繰り返されているのです。

虫歯は、生活習慣が乱れたり口の中の不衛生な状態が続くことによって、脱灰と再石灰化のバランスが崩れて、脱灰ばかりが進むことによって進行するのです。

虫歯の進行図
CO

CO

歯の表面が溶けて白濁して透明感を失った状態。

ブラッシング指導と再石灰化を促し自然治癒を目指します。
歯は削らずに、フッ素塗付を行い強い歯質を作ります。

C1

C1

表面のエナメル質が溶け虫歯が始まった状態。
COと同様、ブラッシング指導と再石灰化を促進し自然治癒を目指します。エナメル質には神経がないため、痛みはありません。

正しいホームケアを行い、虫歯の進行を抑えられれば削らずに済みます。

C2

C2

虫歯が象牙質まで達した状態。
象牙質はエナメル質より柔らかいため虫歯の進行が早く、徐々に痛みや冷たい物がしみるなどの自覚症状が出てきます。

虫歯に侵された象牙質を除去し詰め物をします。

C3

C3

虫歯が歯髄にまで進行し大きな穴が開いた状態。
炎症を起こしズキズキと激しい痛みがあります。虫歯が歯髄まで進行すると歯髄は死んでしまうため、虫歯に侵された歯髄と象牙質を除去し、根管内を除菌・清掃(根管治療)します。

きちんと除菌して密封することで、歯を残せる可能性はあります。

C4

C4

歯冠部(歯の頭の部分)が溶けて、歯根だけが残った状態です。
歯髄は死んでしまっているため痛みは感じません。場合によっては、歯根の先に袋状に膿がたまり出し、歯を残すことも困難になります。

歯を残せる場合は根管治療を行い、被せ物で修復しますが、残せない場合には、ブリッジや入れ歯、インプラントによる治療を行います。

レーザー治療

当歯科医院では、状態によって2種類のレーザーを使い分けて治療しております。
レーザー治療器の最大のメリットは、歯を傷つけないということです。患者様の負担を軽減できます。
一般的な歯科治療の多くを行うことができ、治療によっては無麻酔での治療が可能です。

虫歯の治療

C2、C3程度の虫歯の患部にレーザーを照射し、削ることなく殺菌・除去します。
レーザーの特性により患部のみを除去し、痛みの少ない治療が可能です。

歯周病の治療

歯周ポケットにレーザーを照射して歯周病菌を死滅させ、洗浄し、治りを早くします。
また、膿がたまっている部分も麻酔することなく膿を出し、短時間で治療でき、新しい組織の再生を促します。

レーザー麻酔

歯肉に照射することで、表面麻酔と同等の効果が得られます。

口内炎

患部に直接レーザーを照射し、痛みを緩和します。

知覚過敏

原因は様々ですが、露出した歯の表面を薄くコーティングすることで刺激から守ります。痛みもほとんどありません。

歯肉の黒ずみ除去(歯肉ホワイトニング)

メラニンや金属により歯肉が黒ずんでしまうことがあります。歯肉にレーザーを照射(ピーリング)し黒ずみを除去します。1週間ほどかかりますが、きれいなピンク色のの歯茎に生まれ変わります。

歯質の強化

フッ素塗布の後にレーザーを照射し歯質を強化します。

根管治療

通常治療しにくい歯の中にある細かい管の殺菌・消毒に使用します。

顎関節症

口を大きく開けると痛い、ガクガクに顎が鳴るような場合、レーザーを低出力で照射することにより、痛みなどの症状を緩和します。

表面麻酔
ペンレス

高濃度の麻酔薬を接着面に含んだシールタイプの表面麻酔材です。

ハリケインゲル

当歯科医院では麻酔注射の前に刺す箇所の歯肉表面にゼリー状の表面麻酔薬(ハリケイン)を塗布して注射針を刺す部分に予備麻酔を行います。
お子様のグラグラしている乳歯を抜く時は注射をしなくてもこれだけで十分です。

ハリケインゲル

表面麻酔薬 ハリケインゲル

アミノ安息香酸エチル20%の局所表面麻酔剤で、安全性と麻酔効果について評価の高い麻酔剤です。
口腔内の粘膜の末梢知覚神経を麻痺させ、痛みを緩和してくれます。

表面麻酔材を使わなくても無痛麻酔はテクニックでできますが、「どうしても怖い」という患者様は是非ご相談ください。

虫歯から歯を守るために

ご家庭でのセルフケアが大切です

カリエスリスク(虫歯のなりやすさ)は患者様一人一人で大きく異なります。生活習慣や体質などにより、ほとんど虫歯と縁のない方もいます。ご自身の体質を知ることは重要なことです。

当歯科医院では、ご家庭でのケアを最適なものにするために、推奨している口腔ケアグッズを多数取り揃えております。ご興味のある方は、お気軽にお声をおかけください。

定期検診の大切さ

歯の状態を確認するなど、ご家庭ではケアしきれない部分の清掃を行い、治療後の良い状態をできるだけ保つことこそ重要なのです。
また、高濃度のフッ素を歯に塗り予防効果を高める歯科医院ならではの処置も行っております。

CAT21BUF(唾液緩衝能テスト)
唾液検査キット

唾液検査キット CAT21BUF

唾液緩衝能とは、虫歯に対する抵抗力のことで、この数値が高いほど、カリエスリスク(虫歯のなりやすさ)が低いということになります。

検査キットには、チュ-イングペレット(唾液を出すガム)、テストチュ−ブ、唾液採取用カップ、スポイト、判定用色見本、結果通知用用紙が入っています。

CAT21BUF 検査方法
  • チューイングペレットを3分間噛んで、刺激唾液を唾液採取用カップに入れます。
  • 3分間の刺激唾液の流出量を測る
  • 唾液をスポイトでテストチューブに入れ、薬品と良く混ぜます。
  • 唾液の色が変化してきたら、色見本に従って判定します。
  • 結果をパンフレットに記入し、患者様にお渡します。同時に現在の状態をご説明します。

唾液緩衝能 色見本

唾液緩衝能 カリエスリスク(虫歯のなりやすさ)
赤色(pH5.8−6) 強い やや低い(低リスク)
橙赤色(pH5.0−5.5) やや弱い 注意(中リスク)
黄色(pH4.0−4.8) 弱い 非常に危険(高リスク)
唾液検査

医院にて採取した検体を、専門の検査機関へ送る高度な検査方法です。

ページTOPへ戻る